アロハ虹の橋 ー・・・☆。。。

アクセスカウンタ

zoom RSS 今生のテーマと課題

<<   作成日時 : 2007/02/03 11:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

テレビをつけたところ NHKの「クローズ・アップ現代」で自殺した学校の先生のことを取り上げていました。。

この番組を見ながら、何か私の中で、地に足がついたような想いがしました。。

学校での問題と言うと 先生に問題があることやいじめや そのほかのケースもあるとは思いますが・・今日の番組は学校にたくさんの理不尽とも言える要求をする親がいて、その対処に切羽詰っているケースがたくさんあるそうで、そのことを番組として真剣に取り上げていました。。

この内容にしっくりこない方はごめんなさい m(_ _)m


話しを戻します☆。。 この番組は日本社会の真実の一面を伝えてくれているように感じました。。


この番組で 度重なるストレスから“苦しい、苦しい”と遺書を残して自殺してしまった先生のことや、

教室で気になる状況が起きても、ほかの先生たちに相談する余裕もないほど、日々の仕事に追われていて 心のゆとりを失い精神的なバランスを崩しながら毎日の仕事に追われている先生たちの姿が写し出されていました。。

おそらく、苦情を言う保護者も日々の生活に追われ心理的にもゆとりが無い状態で、そのような行動に出てしまうのかもしれない、と番組では取り上げていました。。

私自身、かつて長い間 学校の正教員を勤めて、毎朝、今日はどんないやなことがあるのだろうか、、という辛く苦しい思いをひきづりながら学校に毎日出勤していました。。

心を許せる会話をする余裕もないまま、ただ、学校のかかえている多くの矛盾や疑問を感じながら、最後は床(とこ)から起き上がれなくなったので、仕事を辞めました。。


高校2年生の時から泣くことのできなくなった私でしたが、
(泣くことができる、というのは、ある程度幸せだから泣けるのだ、ということを知りました。。 最低限の幸せもなければ、泣くこともできないのだ、ということを知りました。。)

のら猫だった猫のいぶちゃん(現在飼っている猫です☆。)を道で初めてひろってカゴに入れて電車に乗せて帰る時に、車中でいぶちゃんを入れたカゴをかかえながらずっと泣いていました。。高校2年生の時以来、初めて泣くことができました。。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=319183452&owner_id=1448210



クローズ・アップ現代を見ながら 自殺された先生のテレビを見ながら、そのことが とても伝わって来て 真に迫られる想いがして泣いていました。。


そして、泣きながら同時に浄土宗のお経が自然に自分の口から出て来て唱えていました。。

自殺で亡くなった先生や今、苦しんでおられる先生方たちに向けてお経を唱えていました。。

(1年半浄土宗のお寺に住んでいた時にお経の読み方を習いました・・)


1,2年前には奉納の舞いも何回かやらせていただいたのは、このような今の日本の状況が良い方向に向かうことを願ってでした。。


奉納の舞いのほうは父への想いから出たものでもありましたが。。


おそらく、ダッシーの場合は過去世は巫女という立場で国の政(まつりごと)にかかわったり、また、平安時代には和泉式部のような方たちを先輩として文章を書くことをたしなんだりという生活をさせていただいて来たのでしょうが、、

今にして思えば、今生は、巷(ちまた)の人々の苦しみを知りながら真に国のことを祈ることのできる人になるようにと、いうことで、私にとっては重労働・苦しみとも言える学校の先生の仕事を与えられていたのでしょうね。。

また、過酷な家庭環境に生まれたのも、きっと、真に日本と世界の平安を祈れる人になれるために☆。。ということなのかもしれませんね。。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=246012849&owner_id=1448210





〔追記〕過去世で巫女や平安時代の清少納言風の生活が長く、当時は身の回りのことはいつも回りの方たちがすべてやって下さっていたようで 今生においては日常の生活でいろいろと苦労しています、これらのことがきちんとできるように、、ということも今生の私への課題になっているようです・・汗、汗、、 

ただ、東南アジアの過去世の時には庶民の暮らしを楽しんでいたようですが。。


こんな私ですが、皆様よろしくお願い致します m(_ _)m ☆。☆。



クローズ・アップ現代
http://www.nhk.or.jp/gendai/



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今生のテーマと課題  アロハ虹の橋 ー・・・☆。。。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる